会員登録 掲載企業 トピックス イベント 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2024年7月23日(火)
トップ >  先輩の声 >  南日本ハム >  食を通して地域の人とつながれる貴重な仕事
南日本ハム

食を通して地域の人とつながれる貴重な仕事

2023年9月27日
赤木 大士 さん
製造部製造一課 第一加工係
2020年 4月 入社
岡山理科大学 卒業
日向市出身。日向高校を卒業して、岡山理科大学に入学。2年生までは生物や地理など全般的に学び、3年生から卒業までは考古学の分野を中心に勉強しました。岡山での就職も考えましたが、やっぱり地元ののんびりした空気感が良くてUターンを決意。就職して2年目には結婚し、今では週末は子どもと遊ぶことが多い。
私の一日
宮崎県で就職し、今の仕事を選んだ理由は?

大学時代を過ごした岡山で就職するか、それとも宮崎に戻るのか悩んだ末、Uターンすることを選びました。食べることが好きで、大学の就職セミナーに参加した際に一番興味があるのが食品分野だと気づきました。そんな中、子どもの頃から馴染みがあって大好きだったウインナーの「薫の詩」を製造している弊社を知り、自分も作ってみたいと思いました。入社するまでは、どの部署へ配属になるのか分かりませんでしたが、自分が手を加えたものが店頭に並ぶのを目にできることにも魅力を感じました。

宮崎で働いてみてどうですか?

自分の地元ということもありますが、県外に出てみたからこそ宮崎の雰囲気が一番落ち着いていて、好きだなと思います。どこにいっても自分の「地元感」を感じられます。食べ物はおいしいですし、アットホームで人が温かい。人混みがないため、ストレスフリーな環境のもと、仕事ができるのも良いです。

仕事の内容、やりがいは?

ハム、ソーセージ、焼豚となる原料肉の異物(骨や毛)を包丁を使って除去し、カット整形を行っています。骨などを残してしまうとお客さまの口に入ってしまうため、自分で取りきる、絶対に残さないという責任が伴う仕事だと思います。また、きれいな形で切るなど、細かなところまで配慮が必要です。そこまで気配りをして製造に関わった製品だからこそ、店頭に陳列され、お客さまが手に取っている姿を見るとうれしいですし、やりがいも感じます。地元の会社だからこそ、自分が関わった商品で地域の人とつながる喜びも味わえます。

採用までの道のりは?

大学3年生の3月ぐらいから就職活動を始め、通っていた大学や福岡、宮崎で開催された就職説明会に参加しました。このうち宮崎大学であった説明会で弊社・南日本ハムと出合いました。そこで話を聞き、実家の近くにある会社だと気が付いて興味を抱きました。1次試験を4年生の5月に受け、6月には内定をもらいました。就職活動は自分が興味のある会社は徹底的に調べるべきだと思います。調べるうちに本当に自分がその会社に合っているか、やりたいことに挑戦できそうか見えてきます。面接でも、その会社でやりたいことなどを自分の言葉で伝えられるようになっておくことが強みになると思います。