会員登録 掲載企業 トピックス イベント 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2024年7月22日(月)
トップ >  先輩の声 >  高鍋信用金庫 >  地域の人たちの暮らしを支える存在に
高鍋信用金庫

地域の人たちの暮らしを支える存在に

2023年11月20日
平山 絢捺 さん
本郷支店 渉外担当
2021年 4月 入社
宮崎公立大学 卒業
1998年生まれ、西都市出身。宮崎県立妻高校卒業後、宮崎公立大学に進学し経営学を専攻。中学・高校ではソフトボール部に所属し、高校ではキャプテンも務める。心身ともに鍛えられた経験が、現在の仕事に生かされていると話す。2021年に入庫後は、新富支店、佐土原支店を経て今年4月から本郷支店に勤務。現在は一人暮らしをしており、昼食は手作りの弁当を持参する堅実な一面も。休日は社会人になって始めたゴルフや、家族・友人との食事を楽しんでいる。
私の一日
宮崎県で就職し、今の仕事を選んだ理由は?

学生時代に宮崎市と公立大が共同で行う創業者支援のプロジェクトに参加し、実際にお店の創業や販路拡大などに携わりました。創業することの大変さを経験し、宮崎の人たちを支える仕事をしたいと思うようになりました。「たかしん」は、「Face to Face」でお客様との距離が近いことや地域経済の発展を掲げていることから、金融の面で地域の人を支えることができるのではと思い、志望しました。採用面接の際に、プロジェクトに参加したことを話したら「いい経験をしたね」と言ってもらえたのも、この仕事を選んだ決め手になりました。

宮崎で働いてみてどうですか?

地域や年齢、性別を問わず、優しく温かい人が多い印象です。仕事柄たくさんの人に接することが多いのですが、常に温かい声掛けや笑顔で対応していただき、元気をもらっています。お客様とはゴルフの話で盛り上がったり、一人暮らしをしていると話すと「持って帰りない」とおかずをいただいたり、かわいがってもらっています。その方々のためにも頑張ろうと思って仕事をしています。

仕事の内容、やりがいは?

得意先係と呼ばれる営業を担当しています。毎日お客様を訪問し、集金をしたり融資商品の提案をしたりしています。相談事があればすぐに駆けつけ、話を伺い、お客様のニーズに応えられるよう日々奮闘しています。ニーズに合った提案ができ、「ありがとう」や「あなたが担当でよかった」と感謝の言葉をいただくこともあり、やりがいを感じます。仕事をする際には「相手の話をしっかり聞く」ことを心掛けており、分からないことがあれば早めに先輩や上司に相談し、解決するようにしています。
現在は月1回本店で行われる融資の研修に参加しているほか、ファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて勉強中です。預金や融資だけでなく、相続や年金など幅広い知識を身につけたいと思っています。

採用までの道のりは?

宮崎での就職を希望していたので、県内で開催される合同説明会はほとんど参加しました。その後コロナ禍になり、インターンシップはほとんどの企業が中止になりました。そのため、大学の就職支援室と「ヤングJOBサポートみやざき」を活用し、履歴書の添削や面接の練習に何度も通いました。自分が納得するまで就活をしていたのがよかったと思います。
就活生へは、早めに準備することをおすすめします。良い結果につながらなくても自分の良さを見出してくれる企業があると思うので、最後まで諦めずに就活をやり抜いてほしいです。