会員登録 掲載企業 トピックス イベント 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2024年7月22日(月)
トップ >  先輩の声 >  米良電機産業 >  納品したもので、家や施設が完成することに喜び。地域に貢献を実感。
米良電機産業

納品したもので、家や施設が完成することに喜び。地域に貢献を実感。

2023年10月30日
矢野 喬之 さん
宮崎支店 開発営業課
2023年 4月 入社
崇城大学 宇宙航空システム工学科 卒業
宮崎市出身。宮崎南高校卒業。小中学校では水泳と空手を、高校では部活動でもともと好きだった将棋部に入り、力を注いだ。コロナ禍で過ごした大学時代は、アルバイトで病院の洗浄の仕事を経験。卒論は空気の流れの可視化を研究した。2023年に米良電機産業に入社。休みの日は姪と遊ぶことが多いが、第2種電気工事士の資格取得のための勉強にも励んでいる。
私の一日
宮崎県で就職し、今の仕事を選んだ理由は?

就職するなら地元に帰り、大学で学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えていました。米良電機産業は就職活動する際に何度か話を聞いて、この会社なら地域に貢献できる仕事ができるという感じたこともありますが、入社の決め手となったのは「人」です。はじめて担当者と会った際は10分程度だったにも関わらず、2回目に面談した際に顔と名前を覚えていてくれたのです。会社の人への思いを感じ、人・社員の心に寄り添う姿勢がある会社なのだなと感じました。

宮崎で働いてみてどうですか?

宮崎は人と人との縁がつながっているのを感じられるのが一番の魅力だと思います。知り合いの知り合いが友人だったことや、友人の親・兄弟だったというような、広くて狭いという感覚があります。そんな人同士のつながりに縁を感じるし、知らないところでも誰かとつながっていると実感します。私が生まれ育った場所でもあり、そこで働いているからこそ、住んでいる街に貢献することもできます。

仕事の内容、やりがいは?

お客様から要望があったものを、配達や窓口対応でお渡しするのが仕事です。扱う商品は主に配線器具ですが、電線や照明もあります。数が大量の場合や納品日がいつまでになど限定されている場合は、配達して納品することが多いですが、現場が近い場合やお客様が来店する方が早い場合は、窓口で対応することもあります。納品したもので家や施設などが完成して動いているのを目にすると、地域に貢献していると感じますし、そう実感できることがやりがいだなと思います。

採用までの道のりは?

3年生の2月から就活をスタート。2月下旬に10社ぐらいが参加した就職イベントで米良電機産業の話を聞きました。その後、リクルートなど大手を含めて3つの合同会社説明会に参加しました。米良電機産業の就職試験は4月下旬と早めで、5月下旬には内定をもらいました。試験で大事なのは面接だと思います。自分を全部知ってもらうつもりで、嘘や見栄をはることなく、自分を出すことに注力してほしいです。