会員登録 掲載企業 トピックス イベント 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせフォーム よくあるご質問
2024年6月13日(木)
トップ >  先輩の声 >  メモリード宮崎 >  バスケで培ったコミュニケーション力を生かして
メモリード宮崎

バスケで培ったコミュニケーション力を生かして

2023年10月20日
加治屋 千遥 さん
宮崎支店 営業部
2021年 4月 入社
東京医療保健大学 卒業
1998年、都城市生まれ。宮崎県立小林高等学校卒業後、東京医療保健大学医療情報学科に進学。2021年、当社へ入社。小学2年で都城東ミニバスケットボールクラブに入団し、6年の時に県大会で優勝。中学時代もバスケ部で活躍し、名門・小林高校へ。1年の時からレギュラー入りし、3年連続インターハイ、ウインターカップに出場。大学時代はインカレ4連覇を果たす。現在も国体のメンバーとして大会に出場しているほか、クラブチーム「中村消防ファンクラブ」に所属し、プレーを続けている。3ポイントなど遠くからのシュートが得意。
私の一日
宮崎県で就職し、今の仕事を選んだ理由は?

大学卒業後もバスケットボールを続けるか、または就職するかでとても悩みました。バスケをするなら東京に残ろうと思い、実際にプロチームもいくつか見に行きました。しかし、けがで手術をしていたこともあり、バスケを仕事にするのは難しいと判断。新しいことに挑戦しようと就職する道を選びました。宮崎での就職を決めたのは、上京後も応援してくれたバスケ関係の方々や県に少しでも恩返しができればと思ったからです。以前、叔父が当社の結婚式場で挙式をしたり、自分も成人式をしたりして身近に感じていた会社だったことや、結婚式場で働くのが夢だったこともあり、今の仕事を選びました。

宮崎で働いてみてどうですか?

やっぱり地元は落ち着きます。バスケ中心の日々だったので、なかなか会えなかった友達とゆっくり会えるようになりました。高校から親元を離れて暮らしていたので、家族と一緒に過ごす時間も楽しんでいます。車で気軽にあちこち行けるし、生活に不便を感じることはありません。
営業部は男性が多いのですが、とても優しい人ばかりで話しやすく、働きやすい環境です。土日が休みなので、バスケの練習や大会に出ることもできますし、大会で平日に休まないといけない場合は、稟議書を出して出勤扱いにしてくれるなど職場の理解もあり、仕事もプライベートも充実しています。

仕事の内容、やりがいは?

お客様にとって一生に一度の大切な冠婚葬祭を当社でお手伝いさせていただけるよう、互助会の案内をしています。人と話すことが大好きなので、案内を通していろんなお客様と仲良くなることができて楽しいです。お客様の幸せそうな笑顔、安心した顔を見られるのが一番のやりがいです。リーダーとしてスタッフの管理もしていますが、経験豊富なスタッフから教えてもらうことも多いです。今後は公式LINEをはじめSNSを使った発信に力を入れていきたいと考えています。
仕事の時に心掛けているのは、大きな声で挨拶をすることと、その場にいる人全員に話しかけること。そのせいか多くの人にかわいがってもらっています。

採用までの道のりは?

就活を始めたのは周囲より遅く、大学4年の夏くらいからでした。東京にいると宮崎の企業の情報がなかなか入手できなかったので、宮崎県就職ナビなどのサイトを参考にしました。結婚式に携わる仕事がしたいと思っていたので、当社にしぼって会社説明会に参加し、書類選考、2回の面接を経て内定をもらいました。就活は自分がどこでどんな仕事をしたいのか、明確にして臨むのがいいと思います。