会員登録 掲載企業 トピックス イベント みやにち就活ゼミ 先輩の声 採用担当者に聞く インターンシップ 会社説明動画 説明会 試験情報 お問い合わせ よくあるご質問
2023年2月1日(水)
トップ >  先輩の声 >  サンレー >  人生の門出に携わる、やりがいがある仕事
サンレー

人生の門出に携わる、やりがいがある仕事

2021年12月21日
村田 真理菜 さん
ブライダルコーディネーター
2017年4月入社
宮崎ブライダル&医療専門学校 卒業
1996(平成8)年生まれ、延岡市出身。延岡工業高校卒業後、宮崎ブライダル&医療専門学校に入学。同校卒業後、株式会社サンレーに2017(平成29)年4月入社。ブライダルコーディネーターとして、結婚式のプランニングなどに携わる。趣味は小学2年生から続けているバスケットボール。社会人チームにも所属している。
私の一日
宮崎で就職を決めた理由は?

高校生のときからブライダル業界に興味があり、地元の結婚式を行う会社で働きたいと思っていました。地元で就職したいと思ったのは、両親や古くからの友人とすぐに会える距離にいれば何かあっても安心です。そうすることで精神的に余裕が持て、仕事に集中できます。

今の仕事を選んだ経緯は?

高校時代に就職説明会に参加しましたが、高卒では入社できないと知り、専門学校に進学しました。当社は、北九州に本社があり、母体がしっかりしている会社です。ブライダル部門だけでなく葬儀も扱っているため、将来的にも安定しているのも選んだ理由です。

宮崎で働いてみての印象は?

人と人との距離が近く、温かいです。県外企業への就職を考えたこともありましたが、幼い時から体が弱かったこともあり、仕事が忙しくなっても自分の健康をしっかり管理できることが大切だと思っていました。実家が近い地元だと、安心感を持って働けるのも良い点です。また自分が生まれ育った地域で働くことで、地元に貢献できるのもうれしいですね。

仕事の内容、やりがいは?

プランナーの仕事をしながら、冠婚の事務もしています。プランナーの仕事は、お客さまの希望や要望を聞き取り、理想の結婚式をつくり上げることです。お客さまに寄り添って仕事をするため、「結婚式を挙げて良かった」という言葉をもらえると、やっていて良かったと感じます。また、今年当式場で挙式したカップルを招待しての食事会を開催した際に、私が初めて担当したご夫婦が5年前のことにも関わらず、私のことを覚えていてくれて温かい声を掛けてくれました。そんな人の温かさに触れるたびにやりがいを感じます。

採用までの道のりは?

就職活動を始めたのは、専門学校1年生の3月からです。しかし当時は、当社の求人が出ていなかったため、就職説明会などに参加して県外を含む数社を受けていました。2年生の夏ぐらいに当社の求人が出たのを知ってすぐに応募。一次試験と二次試験を受け、11月ぐらいに内定をいただきました。

就活生へのメッセージ

就職説明会にはぜひ参加してください。説明会に来ているその会社の人に顔を覚えてもらうぐらい、顔を出してみてください。そうすることで、その企業の方から会社の就職情報だけでなく、企業のつながりや仕事の選択肢など幅広いことを教えてもらえる機会に恵まれるかもしれません。また、就活を始めたら、自分が何を一番大事にしたいのかを、絞り込むことをしてください。新卒での就職ができるのは、人生で一度だけです。この機会を大切にしてください。