2021年1月24日(日)

先輩の声

みやざき公園協会
1人でも多くのファン増やしたい

2019年10月21日

川上 拓也 さん
県立青島亜熱帯植物園リーダー
2013年採用
宮崎県立宮崎農業高等学校卒業
1995年生まれ。宮崎市出身。宮崎県立宮崎農業高等学校卒業。2013年みやざき公園協会採用。県立青島亜熱帯植物園でリーダーを務める。
私の一日
わが社のここがポイント

☆花みどりLifeみやざき
☆花みどりの総合プロデュースカンパニー
☆花みどりを通じて宮崎の発展と県民の幸せな暮らしづくりに貢献します

Q.地元就職を決めた理由は何ですか?

A.ずっと地元で過ごし、知り合いも多く、暮らしやすいと思っていました。どうしても生まれ育った場所で就職をしたかったので、迷わず宮崎での就職を決めました。

Q.どうして今の仕事を選んだのですか。

A.高校で植物や植物の管理を学び、それを生かす仕事に就きたいと考えていました。花壇を作ったりする造園や設計にも興味がありました。県内でそういう仕事ができる会社を、学校を通じて探しました。最終的には見学に行って決めました。

Q.今はどんな仕事をしていますか。

A.現場のリーダーとして、仕事を任されています。186種類の植物がある大温室をはじめ、50品種26種類の熱帯果樹温室、花壇や芝生の管理は、年間の作業工程に沿いながら、その年の気候などに合わせて行っています。
また、作業にかかる人員の管理や季節ごとの植物の展示、一般向けの植栽講習などイベントの企画・運営も担当しています。

Q.今後の抱負を教えてください。

A.温室内の植物の中には普段見られない珍しいものもあり、どう管理すれば丈夫に育つか、花が咲くかなど難しいことも多いです。他の植物園などから情報を得て細かく記録を取りながら育てて、今後の栽培に繋げられればいいなと思います。
いつでも誰にでも来てもらえる公園として地域に愛される植物園でありたいし「この植物園に来るために青島に来た」と言われるほど一人でも多くのファンを増やしたいと思っています。魅力をもっともっと発信していきたいですね。

Q.休日の過ごし方を教えてください。

A.バスケットボールをしていましたが、今はやる機会がありません。もっぱら、部屋で手間のかからない観葉植物を育てるのが楽しみです。

近日開催されるイベント
学生のみなさまへ
お問い合わせ
県内のニュース