2018年11月13日(火)

Pick!Up企業

アミューズメントの未来と笑顔を結ぶ懸け橋に

下松 孝裕 経営戦略室課長

Q.どんな会社ですか?

A.県内を中心に遊技事業の店舗を展開しています。現在は県内に5店舗、鹿児島県に1店舗あります。1986(昭和61)年に高鍋町で創業し、今年で33年目。2001年に店舗名を「OPUS(オーパス)」に改称し、質の高い接客サービスや店舗のデザイン性などに徹底してこだわり、お客さまや地域に愛される店舗を目指しています。



Q.経営理念は?

A.「安心とワクワクを創り出す地域のオンリーワン企業」です。この理念を基に、地域に根差したエンターテインメントを提供しています。社章は3本の指をあしらったもので、当社が大切にする「笑顔」「感動」「信頼」を表現しています。

Q.企業戦略や営業施策で特徴的なことがあれば教えてください。

A.業界の健全化が進む中、時代に合わせた店舗づくりを進めています。例えば、カード一枚で遊べるスマートなシステムの導入や本部の専門メンバーによる高度な分析を実現し、お客さまのニーズに合わせた品ぞろえを強化しています。
店舗責任者が「お客さまの声」を集める仕組みを作り、快適に楽しめるホールづくりを実現しています。普段から役員や幹部、店舗スタッフとの交流が盛んで、チームワークの良さと士気の高さは、引けを取らないと自負しています。

Q.福利厚生など会社のアピールポイントは?

A.等級評価制度や社内研修の充実、表彰制度、女性の活躍の推進を積極的に行っています。接客の優秀な社員を表彰したり、永年勤続賞として10年、20年と会社に貢献してくれた社員に特別休暇や旅行の補助をしたりしているほか、退職金積立制度なども導入。有給を取りやすい勤務体制を構築し、女性社員には産休や育休、時短勤務の体制を整え、働きやすい環境づくりをしています。社内研修トレーナーを店舗に配属し、後輩を育てながら教える側のスキルも高めています。

Q.どんな人材を求めていますか?またどんな人が向いていますか?

A.「夢中になれる人、目の前にいる人を好きになれる人、その人のために一生懸命になれる人」です。目の前のことを「労働」として捉えるのではなく、自分には何ができるのか考え行動する「仕事」をして欲しいです。いろいろなことを考え、お客さまやスタッフのためにつながる行動ができる人が、当社の社風にとても合うのではないかと思います。

Q.今後の会社のビジョンをどのように描いていますか?

A.アミューズメントの未来とお客さまの笑顔を結ぶ架け橋になりたいです。常識に縛られず、発想を飛躍させてお客さまの求めるニーズを一足先に提供し、南九州のローカル企業で最も支持されるブランドを目指し挑戦し続けます。


社員インタビュー

オーパス三股店  主任 今屋 佳祐さん(2009年入社)
オーパス宮崎本店 班長 日髙 響子さん(2009年入社)
オーパス宮崎本店 班長 神宮 惣さん(2016年入社)



Q.入社のきっかけは?

今屋 小林市出身です。「高校時代にアルバイトで身に付けた接客を生かす仕事ができれば」と思い、企業を調べました。アミューズメント事業を展開する会社は県内にいくつもありますが、宮崎で創業したという点に魅力を感じました。



日髙 国富町出身で宮崎商業高卒業後、入社。「自分の知らない世界で何かを学ぶことができれば」と思い、選びました。


神宮 宮崎市出身で宮崎大宮高卒業後、熊本大理学部に進学しました。公務員でしたが、人と接する仕事がしたいと転職を決意。人事担当者がとても親身になってくれたこともあり「この会社で働いてみたい」と思いました。



Q.どんなお仕事をしているんですか?

日髙 宮崎本店で班長をしています。ホールに出て接客や遊技台の不具合処理などのほか、事務処理や後輩、アルバイトの指導もしています。



神宮 同じく宮崎本店の班長です。接客や遊技台の管理、特に清潔な環境を保つことに気を配っています。


今屋 三股店主任として、店舗責任者・マネージャーをサポートしています。お客さま応対や遊技台の不具合処理などのほか、スタッフのシフトや売り上げ管理などもしています。



Q.どんなところに魅力ややりがいを感じますか?

神宮 名前を覚えていただけるとうれしいですね。休みの日に「神宮くんは来ていないの?」とほかのスタッフが尋ねられたと知り、モチベーションが上がりました。顔見知りになったお客さまの好きな遊技台や前回の結果などを覚え、積極的に話し掛けています。



今屋 自分がしたことに、「ありがとう」と言われると、とてもうれしくなり、やりがいを感じます。全店舗の社員が集まる決起大会が定期的に開かれます。店舗ごとに特色があり、さまざまな話を聞いて刺激を受けています。


日髙 いろんな人との出会いが魅力です。18歳で入社して戸惑いや不安も多かったのですが、先輩方がミスをフォローしてくれたり、食事に誘ってくれたりして早く職場環境に慣れるようにしてくれました。お客さまの中には、顔や名前を覚えてくれ、孫のように可愛がってくれるおじいちゃんおばあちゃんもいます。



Q.職場の雰囲気や、先輩、上司との関係はどうですか?

今屋 和気あいあいです。20代〜30代の社員が多く、休憩時間には冗談を言い合っていますが、仕事中は真剣モードに。オンとオフのメリハリがきちんとしています。


日髙 同年代が多いので、仕事が終わってから食事に行ったりすることも。この仕事を続けている要因に接客や事務処理、力仕事などいろんな業務を経験できる、先輩や同期など面白い人が多く、楽しく仕事ができることがあります。人に恵まれています。


神宮 店舗責任者・マネージャーは26歳と若く、社員も20代がほとんどなので、明るいです。仕事では上下関係がきっちりとしていますが、プライベートではボウリングやカラオケをしたり、飲みに行ったりしています。



Q.休みの日は何をしていますか?

日髙 家でゴロゴロしていることが多いです(笑)。高校時代の友人は地元で就職している人も多いので、食事やカラオケに行っています。


神宮 上司とよく遊びに行って、パチンコの打ち方を教わることも多いです。お酒が大好きなので、飲みに行くことも。将来の事を考え、経営について勉強したりセミナーを受講したりしています。


今屋 職場の仲間と釣りに行くこともありますが、基本的には家族と過ごします。5歳と2歳の子どもがおり、公園などに遊びに連れて行くことが多いです。子どもと遊ぶことで気持ちもリフレッシュできますね。



Q. 会社の福利厚生などはどうですか?

今屋 会社独自の取り組みの一つに各店舗内で「いいね!スタッフ」というコーナーを設け、お客さまやスタッフ同士でその日の接客が良かったスタッフを選んでいます。月間で一番得票数が多かったスタッフは、会社が表彰してくれます。手当ても支給されるので、仕事のモチベーションも上がります。勤続10年、20年の節目には、特別休暇などがもらえる永年勤続賞もあり、仕事を続ける励みになっています。


日髙 会社は働きやすい環境づくりに積極的に取り組み、有給や産休、育休を取得しやすいです。子育て中の女性には時短など勤務体制を配慮してくれ、安心して働き続けることができます。月に1回、テレビ会議で「女性ミーティング」をしています。全店舗の女性が1人ずつ出席して働きやすい職場づくりについて意見を交換しています。会社もミーティングで出される意見を大切にしてくれます。


神宮 新入社員には先輩社員が「教育トレーナー」として接客や遊技台の取り扱いを教えています。一緒に仕事をしながらその場その場で指導をするので、新入社員は安心です。一方、先輩社員は正確な知識を教えなければなりません。緊張感を持って取り組んでいます。



Q.どんな会社ですか?

神宮 設備面で最新のものをいち早く導入し、今後、店舗を増やそうという動きもあり、常に挑戦していると感じています。いろんな事を学んでいる最中ですが、少しでも会社に貢献できるようになりたいです。


日髙 どの店舗もスタッフ同士とても仲が良く、全店舗で集まる機会も多くて横のつながりも深いです。役員が各店舗に頻繁に顔を出し、名前を覚えてくれるので話もしやすいです。社員が企画して常務の誕生会を開くことも。今後の目標は主任になること。年1回、昇級試験があり、合格を目指しています。


今屋 親会社がさまざまな事業を展開していて、成長段階の会社だと感じます。勢いを実感できます。現状に満足せず、何事にも積極的にチャレンジして成長していきたいと考えています。