2019年05月25日(土)

Pick!Up企業

ITを駆使したマーケティング支援 多種多様な働き方を目指す

2019年02月14日

中善寺 広海さん(宮崎マーケティングセンター(MMC) 副センター長)

Q.どんな会社ですか?

A.2008年12月に設立されたITを駆使した営業コンサルティングを行っている会社です。大手企業のマーケティング(売上向上)支援のため、営業課題の解決ツールでAI(人工知能)を搭載した営業支援チャットシステムの開発、販売、運用代行や営業支援テレマーケティング、マニュアル整備支援などを展開しています。
17年に宮崎県・市と立地協定を締結後、宮崎マーケティングセンターを開設し、現在154人が働いています。平均年齢は28歳。女性が7割を占めています。同年12月にホールディングス化し、同センターにはREGAIN GROUP及びグループ会社6社が入っています。



Q.経営理念は?

A. 「営業を、”eigyo”へ」。日々進化するITを駆使し、だれでも、いつでも、どこでも”eigyo”ができる「新しい”eigyo”のかたち」を世界に提案することです。例えば、子供を持つ営業経験のない女性が、自宅にいながら、当社の開発したAIシステムにサポートをしてもらい、チャット、メール等を通じてお客様に商品のご提案をする。そんな世界が既に当社では実現しているのです。

Q.宮崎マーケティングセンターでは、どのような仕事をしているのですか?

A.クライアントの様々な営業課題に対し、多種多様な手法で解決しています。クライアントの契約者様へ新商品などを電話で提案するテレマーケティング、ホームページなどのウェブサイトに訪れたユーザーにチャットを通じて応対するWeb接客、その他にも中小企業向け営業支援や、業務や営業の生産性向上のためのマニュアル作成など様々な仕事があります。

Q. 宮崎マーケティングセンターの副センター長という立場から、会社や社員に対する思いはありますか?

A.当社は地方創生に力を入れています。経営理念の「新しい"eigyo"のかたち」を実現することで、場所や時間に縛られることなく様々な地域で雇用を生み出すことができます。この理念にご理解いただき、宮崎県・市の誘致に対する支援制度が良かったことも設立の決め手の一つとなりました。
私は宮崎オフィスの設立当初から携わっており、社員の9割が宮崎での採用です。採用も担当したので、社員に対しては家族のように感じています。
2019年6月にはオフィスを拡大し、人員を増やす予定です。勤務形態や勤務時間など、さまざまな働き方ができる会社なので、社員一人一人が働きやすい環境づくりに気を配っています。

Q.どんな人材を求めていますか?またどんな人が向いていますか?

A.向き不向きは関係なく、自分なりの「意志」を持って働きたいと考えている人を求めています。スキルは身に付けていくものなので、マインドがあれば年齢や性別に関係なく活躍できる会社です。

Q.今後の会社のビジョンをどのように描いていますか?

A.今後数年間に渡り宮崎マーケティングセンターをさらに拡大していくため、現在はそのための組織づくりにまい進しているところです。
「新しい“eigyo”のかたち」を世界に提案することでクライアントに貢献するのはもちろん、宮崎にも貢献できる会社として成長していきたいと考えています。

社員インタビュー

REGAIN GROUP株式会社 MMC経営管理部 岩倉 昌美さん(2018年入社)
ShowTalk株式会社 コミュニケーションデザイン本部 
宮崎マーケティングセンター 第5ユニット ディレクター 日髙 夕紀さん(2017年入社)
REVOLVOR株式会社 宮崎マーケティングセンター コミュニケーションデザイン本部 
第8ユニット ディレクター 武藤 海人さん(2017年入社)




Q.今の仕事を選んだ理由は何ですか?

日髙 福岡の調理製菓学校を卒業後、東京でパティシエをしていたのですが、宮崎に戻りたいという思いがあり、Uターンしました。ウェブに興味がありましたが「ITの仕事は宮崎ではできないだろう」と思っていました。会社の求人を見たときにピンときて、挑戦してみようと思いました。



武藤 南九州大学を卒業後、生命保険会社で働いていました。20代最後に「やったことがないことをやってみよう」と思って転職しました。


岩倉 3人兄姉の末っ子で、兄姉2人とも県外にいるので「親の近くにいたい」という思いがあり、高校卒業後は県内で就職しました。3年前に結婚して夫の仕事を手伝っていたのですが、友人の紹介で会社を見学した際、職場の印象が良く、働いてみたいと思ったのがきっかけです。



Q.それぞれどんなお仕事をしているんですか?

武藤 REVOLVOR株式会社はクライアントの契約者に新商品などを電話で案内するテレマーケティングを行っています。電話でのやり取りがメインになります。



岩倉 宮崎マーケティングセンターにある6つの会社の採用や労務、総務など、管理部門を担当するREGAIN GROUP株式会社に所属しています。


日髙 ShowTalk株式会社で、クライアントのホームページを見ている人の疑問や不安などをチャットで解消する仕事をしています。AI(人工知能)が搭載された自社開発のチャットシステムを通して、ホームページの改善や新規の顧客獲得を増やすための分析などを行い、クライアントの営業支援をしています。



Q.今の仕事に対してどんなところに魅力ややりがいを感じていますか?

岩倉 月1回、REGAIN GROUPの社長が来県するので、話す機会も多く、距離が近いと感じています。社員のアイデアや意見が反映されやすい職場でそれが制度になった実績もあります。入社して間もないので、分からないことも多いのですが、上司や同僚に相談するとすぐに対応してくれるので安心して仕事ができます。



日髙 毎日自分の頑張った成果が分かるので、明日もがんばろうという意欲が湧きます。ディレクター(管理者)になってからは、クライアントとのミーティングや部下の育成など仕事の内容も多岐に渡るようになり、さらにやりがいを感じています。ShowTalkの社長は月2回は来県し、状況に応じたアドバイスをしてくれるので、モチベーションも上がります。


武藤 元々アルバイトとして入社したのですが、電話を使っての営業支援という仕事に魅力を感じるようになり、社員になりました。日髙さんと同じくディレクター(管理者)になってからは、会社全体の成果が上がるためにどうすればいいかを考えるようになりました。



Q.職場の雰囲気や、先輩、上司との関係はどうですか?

武藤 社員同士の仲が良く、賑やかな職場です。仕事の後にボウリングや食事に行っています。REVOLVORの社長はMMCに常駐しているので、相談もしやすいです。会社は6つありますが、オープンオフィスなので一体感を感じます。


日髙 女性の上司も多く、とても親身になってくれるので相談しやすいです。仕事中はみんな真剣な表情でパソコンに向かっていますが、プライベートでは一緒に食事に行って楽しんでいます。



Q.休みの日は何をしていますか?

日髙 休みの前日の夜は、同僚と食事に行って深夜までおしゃべりをしています。ネイルが趣味なので自分でネイルをしたり、整体に通ったりしています。


武藤 インドア派なので、基本的に家にいることが多いです。昼ぐらいまで寝ていることもありますが、実家が日南市でレストランを経営しているので、手伝いに行くこともあります。


岩倉 夫と共通の趣味のゴルフの練習をしたり、親と買い物や食事に出かけたりして一緒に過ごす時間を大事にしています。



Q.一言で言うとどんな会社ですか?

岩倉 進化し続ける会社です。「現状維持」という言葉が似合わない会社だと思います。


日髙 キャリアアップも目指せるし、安定して働き続けることもできるので、働き方を自分で選択できる会社だと思います。


武藤 今までにない新しいスタイルの会社です。やる気と成果があれば、年齢に関係なくどんどんキャリアアップできます。努力が反映されやすいので、モチベーションも上がりますね。