2018年10月18日(木)

就活ワンポイント

ススメ方編 Vol.2【会社に何を求めるか】

2018年10月12日

会社に何を求めるか

 今回は「自分が何を大事にして働きたいのか」の見つけ方をお伝えします。前回述べたように「彼氏、彼女探し」と似ています。
 ここで少し考えてみましょう。あなたは会社に何を求めますか?知名度、仕事内容、事業規模、給料、福利厚生、転勤や海外事業所の有無…などいろいろあると思います。中には「上場している」「資本金が多い」といったことを挙げる学生さんもいます。女性は特に産休や育休制度など働きやすい環境が整っているかを重視するようになってきていると感じています。
 では「会社」を「彼氏、彼女」に置き換えてみてください。相手に何を求めますか?性格、スタイル、職業、年収、家柄…など、自分の中で好みというか条件があるのではないでしょうか?

完璧な会社なし「合わせられる」が重要

 会社(彼氏、彼女)に求めるのはどんなことでいくつありましたか?求めるものは千差万別。優先順位も違いますよね。果たしてあなたの求めることを完璧に満たす会社(彼氏、彼女)はあるでしょうか。きっとないですよね。
 自分に完璧に「合う」会社を探すのではなく、自分が「合わせられる(受け入れられる)」会社を選ぶことがポイントなのです。そう考えると「就活」と「彼氏、彼女探し」は似ていると思いませんか。
 自分が「合わせられる」会社を選ぶためには、自分の中で「譲れない条件」「譲れる条件」を認識しておくことが大切です。それらを認識しておくことで、自分が「合わせられる」会社を見つけやすくなります。とはいっても、最初から自分の中の条件を認識している学生さんはあまりいらっしゃいません。
 皆さん、たくさんの企業に出会い、話を聞き、「自分がいいな」と思うその理由を掘り下げていく作業をする中で、自分の中の「譲れない条件」「譲れる条件」に気づいていきます。
 これから就活を始められる学生さんには、是非たくさんの企業と会って、その会社についてどう思うか、じっくり掘り下げていただきたいと思います。「自分自身が、どうありたいか、どう成長したいか」という視点も忘れずに。

 今までお話ししたように、仕事を探すには自分の中の条件を認識することが大切ですが、その仕事を選び、続けていくには、その仕事を通して、「自分自身がどうありたいか、どう成長したいか」考えておく必要があります。

 人は誰しも働くことで、誰かの役に立ちたいと思っています。例えてみると、レストランで料理を作っている人は「うちの美味しい料理を食べながら、会話をして大切な時間を大切な人と過ごしてもらいたいなぁ-」と思っているのではないでしょうか?
 誰かのために何かをしてあげたいという想いがあれば、それは仕事として成立しています。「誰かを少しでも幸せにしたい」と思う気持ちを行動にすること。仕事とは手段や形、業種や職種が違っても、結局目指すところは同じなのではないでしようか?

 今回のコラムで「自分が何を大事にして働きたいのか」が見えてきたでしょうか。「自分が何を大事にして働きたいのか」じっくり考えてみたいと思われた方は、「ヤングJOBサポートみやざき」を利用してください。一緒に考えていきましょう。
 次回は就活の中で積極的に取り組んでもらいたい「企業研究」や「就職説明会」についてお話しします。
米良 弘美(めら ひろみ)さん
産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。一般企業で9年間人事に所属し、障害者雇用をはじめ採用や新入社員研修、社員のメンタルヘルスなどをはじめ障がい者雇用を担当。2018年4月から現職。求職者の職業相談や毎月のセミナーの企画を練っている。